季節の変わり目と気象病とやら(´・∀・`)

わたしは昔から肩こりが酷く、

この仕事に就いたきっかけも、

「自分の肩こりが酷いから」(´・∀・`)

サラリーマンをしてたときは、

休みになると「タウンページ」でマッサージ屋さんを探して、

通うのが「趣味」みたいになっていたほどです(笑)

最近も肩こりが酷く、

とくに「季節の変わり目」もあってなのか、

背中、肩周りの違和感、頭痛、めまい、

酷いときには「音が耳の奥で響く」「吐き気がする」

など、様々な症状を繰り返していました(´・∀・`)

季節の変わり目・・・体調崩しやすいですよね(;´Д`)

昔から、うちのお客様にも多いのだけど、

「季節の変わり目」「天候の変化」で、

「古傷が痛む」なんて症状・・・。

春は日々の寒暖差や、気圧や湿度の変動が大きな季節。

こういう温度差や気圧の差によって、

自律神経の乱れを起こし、からだの不定愁訴に繋がるといいます。

肩こり、頭痛、めまい、腰痛、

神経痛、関節痛、吐き気、うつなど・・・。

「気象病」と呼ばれるこの症状は

気象の変化によって起こる、最近認知されだした病気で、

場合によっては、心臓発作脳卒中のきっかけにもなる、

おそろしい病気です。

「自律神経」は皆さんご存じの通り、

「交感神経」「副交感神経」にわけられ、

シーソーのようにバランスをとりながら働いているわけですが、

寒暖差や気圧、湿度、

日照時間の変化などで自律神経がストレス反応を引き起こし、

交感神経が興奮状態になると、

その結果、先に挙げたような

症状が引き起こされるということです(´д`)

要するに、「交感神経の優位」を抑え、

「副交感神とのバランスをとる生活」

心がけなければいけないということです。

食事や睡眠といった基本的な生活の

リズムを整えるのはもちろんのこと、

ウォーキングなど、無理のない適度な運動

身体をリフレッシュさせるのも効果的です。

寝る前の「スマホ」や「パソコン」など、

気になるのはわかりますが、

あまり良いとはいえないと思います。(^_^;

(反省も込めて・汗)

音楽や趣味、友人との楽しい時間なども、

心身をリラックスさせるのに役に立つかもしれませんね(^^)

もちろん、筋肉の緊張をほぐす、整体やマッサージなども

自律神経を整えるのに効果的な方法かと思いますよ?

「季節の変わり目・身体が怠いな・・・」と感じたら、

是非是非、「らくや」をご利用くださいね!(笑・宣伝)

ちなみに、わたしの症状は2度のマッサージ療法で

だいぶ改善されました(^^)

ただし、せっかくのマッサージ効果を持続させるためには、

生活習慣の改善と日常の生活の中で

取り入れることができる、リフレッシュも

「楽しみながら」工夫することが必要かもしれませんね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です