自分らしさを保つということ。

わたしは団体行動が苦手。

子供の頃はけっこうな人見知りで、

人のことが気になりだして、

振り回されるタイプ。

人の考えてることが手に取るように見え始めたりして、

相手を気遣っているうちに

だんだん面倒くさくなってきて、

少しずつ距離をとる。

気がついたら「ひとり」

になっているなんてことが多い(^_^;)

「ひとり」が寂しいかというと、

まったくそんなこともなく、

一人っ子の本領発揮で、

空想でも妄想でも、

ひとり遊びでも何でもして

時間を潰せてしまう。

いや、むしろ人の集まるところは、

ホントに苦手。

賑やかなのも苦手。

そういうわけで、

人からは「変わっている」

と言われることもあるけど、

ほとんど自覚がない(苦笑)

そんな人間だから、

「自分の考え方そのものに独特の癖がある」

ってことを

最近やっと自覚し始めた(笑)

自覚し始めたら「他人の癖」も

まぁ、理解できるようになったかな?と思う。

歳と共にそういう「理解」の範囲は

広げていきたいと思う。

「分からず屋」

にはなりたくないかな。

自分の考えを人に押しつけるような

おっさんにはなりたくないかな?

もちろん、「嫌なことは嫌」だけど。

他人がどんな生き方をしていようが、

その人にとっては幸せなんだろうなと思う。

最近になって、

「現状はその人が考えたとおりのもの」

なんてことも、概ね納得できるようになった。

現状がどんな状況だろうが、

「自分が選んだ現実」であるということを、

認めない限り、先には進めない気がするんだよね・・・。

「過去」も「未来」も、

今の現実とはまったく関係なくて、

今思っていることが「今の現実」でしかない。

自分が「幸せ」と感じたら、

他人からどんな風にみえていても

「幸せ」なんだろうなと思う。

まぁ、そんな心境になりたいな・・・と

今日ふと思った。

いや、どーでも良い話だけどね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です