夜中に足がつる・・・(>_<)原因と対処。

ゴールデンウィークが終わって、

初日は雨。

今日はゆっくりペースかな?

と思っていたのですが、

良い方に予想が裏切られて、

そこそこ忙しい1日でした(^_^)

みなさん、日常から離れて、

旅行やレジャーを楽しんだ様子で、

「仕事してるより疲れた!」

という方も多かった(笑)

お疲れ様でした(^_^)

最近「足がよく攣る」という話をよく聞きます。

「寝てるとき」に

所謂「腓(こむら)返り」のようになって

よく攣るのだそうです。

「なんで攣るん?」

とよく訪ねられるのですが、

原因は様々考えられるようです(^_^)

□ 原因

1、筋肉疲労

普段身体を動かしていない人が、突然運動をしたり、

馴れている人でも、いつもより長時間特定部位に負担をかけたり、

筋肉のエネルギー不足、

筋紡錘の異常などにより筋肉の収縮や痙攣を引き起こすことがあります。

2、冷え

冷えると、血流が悪くなり、筋肉の血液量が減るため、

栄養素やエネルギーが不足します。

また熱を作ろうと筋肉が収縮するため、

攣りやすくなります。

3、ミネラル不足

筋肉の動きや神経伝達を調整している、

カルシウム、ナトリウム、カリウムなどが

不足すると筋肉の収縮に異常をきたします。

4、水分不足

睡眠中は結構汗をかいているそうです。

水分が不足すると、筋肉が過度に緊張しやすくなります。

□ 対処と予防

寝ているときに突然足が攣って目が覚めた

なんてことがあったときは、

「痛いところをさすりながら、

ゆっくりと伸ばしてあげるといいですよ?」

ということで、攣る部位に応じて

簡単なストレッチを教えてあげたりしています。

予防策は、

冷やさないこと、

水分やミネラルを補給すること

などではないでしょうか?

特に暑い時期の野外作業や

激しいスポーツをしたあとなど、

大量に汗をかいたときは、

汗と一緒に放出されたミネラルも補給する必要があります。

スポーツドリンクなどで水分とミネラルを

こまめにとることをオススメします。

・・・。

随分以前の話ですが、

わたしがまだ、お風呂屋さんで働いていたときに

お酒を飲んだ「酔っ払った」お客さん

が来店されました(^_^;

お風呂やさんてね、

受付が別なんでなんでも予約とっちゃうんですよ(^_^;

「泥酔」した人なんてわたしなら断ります・・・(汗)

真っ黒に日焼けしたそのお客さん。

塗装業を営んでいる方で、

日中は真夏の炎天下の中で外作業

お風呂が好きで、仕事終わりに、

お風呂屋さんで湯につかり、

サウナに入ってしっかり汗をかいて

風呂上がりにビールをひっかけて

上機嫌でマッサージルームに入ってこられたのですが・・・。

ベッドに寝転んだ途端に

「あたたた!攣った!」

とやってました(^_^;

「よく攣るんや!なんでや?」

というので、

「野外のお仕事なら水分補給はこまめにした方が・・・」

というと、

「ビール飲んどるが!いっぱい!毎日!!」

といっておりました(^_^;

ビールは逆効果・・・(苦笑)

何度言っても解っていただけなかった思い出が・・・(´・∀・`)

十数年前のことなのにハッキリ憶えてます(笑)

・・・

上記の原因に心当たりがない場合は、

他の病気が原因であることも考えられるそうです。

たとえば、「糖尿病」「肝機能障害」

「椎間板ヘルニア」「狭窄症」などなど。

「血圧のお薬」や「利尿剤」などを服用している方は、

その副作用の可能性もあるそうです。

「筋肉に異常?」を感じるなら「整形外科」

「なんとなく他の病気?」

なんて思った場合は「内科」の先生に相談してくださいね(^_^;

「何科で診てもろたらええん?」

っていうのもよく聞かれるので・・・(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です