肩が上がらない…(=_=)

「肩が上がらない…」

といって来店されるお客様もけっこうおられます。

今日(昨日)ですが、午前中に来店された新規のお客様も、

「五十肩」を訴えてこられたそうです(^_^;)

ちょうどわたしの手がふさがっていたため、

セラピストさんに施術してもらいました。

さてさて、五十肩を含めた肩周りの痛みについてです。

よくお客様に聞かれるのは

「五十肩と四十肩って何が違うの?」

とか、

「まだ30代なのに五十肩に」とか、もう「60なのに五十肩…」とか…。

20代、30代でも起こる人は起こりますし、

一生ならない人もおられます。

40代後半から50代にかけて多くみられる症状ということが

「五十肩」の名前の由来になっているそうです。

「五十肩」は肩関節周辺の炎症が原因で起こる疾患で、

「肩関節周囲炎」と呼ばれることもあります。

五十肩の特徴は、簡単に言えば

「肩が痛くて上がらない…」

ということなんですが、

とりあえず、自分の力で一通り肩を動かせるものは、

五十肩とは診断されないそうです(^_^;)

それと、痛みが取れて動くようになるのに、

非常に時間がかかる場合があります…ていうか殆どですね(__;)

短い人で3ヶ月とか、長い人で1年半くらい…。

「ある日突然上がるようになった!」

なんていうのもよく聞く話です(^_^;)

動かなくなる一歩手前…って感じの症状なら、

わたしの拙い技術でも

「楽になったよ」

って言ってもらえることもあるのですが、

ほんとに難しいんですよ…いろいろと。(__;)(←正直)

「五十肩」になると、

急性期と呼ばれる期間(痛み始めて我慢できないくらい痛いとき)が、

1ヶ月くらい続くそうです。

炎症の強い時期なので、とりあえず「安静」第一。

よく「冷やすの温めるの?」と聞かれるのですが、

このときは「冷やし」ます。

アイスパックや氷嚢を使います。

なければ、コンビニの袋でもいいですから2枚重ねにして、

氷と水を入れたもので冷やしてください。

「冷湿布」ってよく聞かれるのですが、

「冷湿布では冷やせない」

って、わたしは教わりました。

痛みが落ち着いてきたら、今度は「温めて」ください。

冷やすのは、3~4日が目安だそうです。

運動もがんばってください(^_^;)

「無茶言うなよ…」っていわれそうですが、

痛いからといって動かさないでいると、

癒着が起こるらしく、ちょっと我慢して「動かす」ほうが良いみたいです。

わたしの按摩の師匠さんが、肩が動かなくなったとき、

よくヤカンに水を入れたものをもって、

前屈みでブラブラ腕を動かしていました。

「振り子運動」というものだそうで、

急性期の運動としては効果的なのだと教わりました(^^;)

もちろん、無理しない程度に…。

「急性期」を過ぎると今度は痛みが「慢性化」してきます。

「慢性期」はとくに肩を冷やさないように心がけます。

運動も少し積極的に…。

「振り子運動」はもちろん、

わたしは、肩に違和感を感じだしたら「温泉」にいきます(^。^)

お風呂の中で肩をしっかり温めると、多少は痛みが緩和されるので、

そのときに、わりとしっかり目に肩をまわしたり、

ストレッチしたりします…。

わたしの場合は温めれば「結構無理が利く」のですが、

人それぞれですので、ご自分の痛みにあわせて頑張ってみてください。

痛みや不快感が少なくなってきたら

「回復期」と呼ばれる段階です(^。^)

あとは、しっかりストレッチ、積極的に肩を動かして。

放っておくと肩の運動に制限が出来たりします。

少しでも元通りに回復させるためには運動が不可欠みたいです。

予防方法…なんかもよく聞かれたりするんですが、

実は「五十肩」って原因がはっきりしない疾患なんだそうです(^_^;)

とりあえず、肩を冷やさないように…とか、

「ラジオ体操」なんかが良いみたいですよ…とか。

ありきたりなことしか言えないのですよね…うん(苦笑)

「五十肩」は肩関節の炎症なんですが、

とくに「腱板」といわれる部分に炎症がおこることで

起こる疾患なんだそうです。

「回旋腱板筋」

いわゆる「インナーマッスル」って呼ばれている部分ですね。

こういう小さな筋肉を鍛えるとか…。

「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」

とかですね…。

あと「前鋸筋」とか「上腕二頭筋」「大胸筋」なんかの

ストレッチをオススメしてます。

整体屋さんとしてちょっと違ったアドバイスをしてあげるとしたら、

そんなところです(^_^;)

例えば、ゴムバンド(セラバンド)をつかった外旋運動
(棘上筋・棘下筋・小円筋・三角筋後部繊維)

20×3セットくらい?

腕は脇につけてこんなんとか…。

ゴムバンド(セラバンド)をつかった内旋運動
(広背筋・大円筋・三角前部繊維)

同じく20×3セット。

痛めやすいから軽い負荷でね(^_^;)

前鋸筋筋トレ

「肩甲骨が固定された状態」で腕を前に押し出す動作ね(^^;)

手の間隔はもっと狭い方がいいかも…。

もちろん、通常腕立てのように床に手をついてやってもOKです。

ストレッチはこんな感じ…。

大胸筋ストレッチ。

うでの位置変えたら伸びる場所も変わりますよ(^^;)

猫背にも効果あります。

しかし…太いなぁわし…改めて(=_=)

他にもあると思いますが…。

思いつくままにセラピストさんに写メ撮ってもらいました。

普段の運動の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ほんと、参考までですが…(_ _)

先にも書きましたが、難しいんです…。

例えば、肩が痛いからといって

「全てが五十肩」って訳でもないわけですし、

(細菌で腫れるとか、関節の変形とか、リウマチとか、頚や…etc)

その辺の判断ってやっぱり難しい(正直無理です・汗)ので、

やっぱり「病院へ」っていうしかないとこもあるんですね…(__;)

ほんと奥が深いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です